エンジニアにとって魅力的な車業界

ガソリン車の時代が終わっても、車業界では次々とイノベーションが続いています。
電気自動車が登場したかと思えば、今度は水素自動車と、イノベーションの波は留まることを知らないようです。
モノづくりに関わるエンジニアにとって、車業界はとても魅力的です。
離職率の低さトップ50の上位に、自動車メーカーや部品メーカーの多くがランクインしているのも当然かもしれません。
離職率の低さで言えば、ボッシュ株式会社も魅力的な企業の一つです。
ドイツで設立された自動車部品・電動工具のメーカーですが、日本でも大きく業績を伸ばしています。
売り上げが伸びるに従い、旺盛な採用意欲を見せています。
手厚い福利厚生と在宅勤務の推進など、多用な働き方を認め常に革新に努めてきた会社です。
いかに働きやすいかは、離職率の低さに表れています。
ボッシュ株式会社は、数多くのエンジニアを募集しており、経験が浅い研究者であっても採用されやすいと言われています。
また、ボッシュ株式会社は、研究開発費に30億ユーロを超える資金を投入しているとも言われている企業です。
潤沢な研究開発費を使い、好きなモノづくりに関わることができるのですから、エンジニアにとってかなり魅力的な企業と言えるでしょう。
これまでの採用されやすさとも相まって、応募が多くなりそうな企業です。