自分に合った育毛シャンプーを選ぼう

季節の変わり目ともなると、夫婦とも抜け毛や切れ毛が非常に激しく、その季節ともなると我が家では、たった1日でフローリングの床が一面髪の毛だらけという時も多いです。
抜け毛の原因はストレスや睡眠不足、毛穴のつまり、紫外線によるダメージなど、色々と言われていますが、私たちの実感では、「シャンプー」や「コンディショナー」による影響が非常に大きいのではと実感しています。
わが家では、妻がその時々のお得なシャンプーをスーパーやドラッグストアで買ってくる事が多いのですが、CMなどで大々的に売出し中のシャンプーなどでも、妻や自分の髪質に、合うシャンプーと合わないシャンプーがあります。
私たちのケースですと、大抵の場合、合わないと思うものは、マイルドに洗い潤いをしっかり与える という事をウリにしている、保湿や潤い重視のシャンプーです。
パサついて広がりやすい髪質の方には、そういったシャンプーは特に良い効果が得られるのかもしれませんが、私たちの場合は違います。
普段使っているシャンプーと比べると、ヘアースタイルは決まりにくく、ボリュームが極端に抑えられた髪の毛になってしまう事がしばしば起こりました。
なぜ保湿や潤いを与えることに特化したシャンプーだと、そういったコンディションになるのか?それは、マイルドに洗うがゆえに、「洗浄力」が抑えられていることや、艶やかに見せる為のヘアコート成分(シリコン)が、私たちの頭髪に悪影響を与えているのではないかと考えます。
こういったシャンプーが合う人もいるのでしょうけど、少なくとも私たち夫婦の髪の毛には合っていません。
洗浄力が抑えられている事で、セットの際につけたヘアワックスがきれいに洗浄されずに、頭皮や毛根に溜まり、含有される大量のシリコン成分も、毛根や頭髪に蓄積されます。
ハリやコシを失った髪の毛は、「ぺしゃんこ」という表現が似合う状態となり、うまくセットが決まらない。
そんな状況が起こります。