放浪癖のある変わった友人

大学時代の友人に、林田学という男がいるのですが、付き合いが長くなればなるほど、本当に変わっている男だなと思わせる友人です。
特に、林田学が突然姿をくらますという事があるのですが、初めてそれを経験した時には、本当に驚きました。
彼にはどうやら放浪癖があるようで、何かに触発されると、後先を考えずに行きたい旅先に出向いてしまうのです。
もはや病的とも思える彼のこの癖は、たとえ大学の単位が掛かっている試験中であろうが、社会人になっても、電話一本で数日間、時には数週間も休んでしまう事もあり、さすがに会社は即クビになったそうです。
その経験値は、同年代のものと比べてはるかに多くあり、彼のそうした話を聞くことは、私の楽しみの一つでもありました。
ちなみに今でもその癖は治っていないようで、結婚、そして父になった今でも止められないでいるそうです。